ウワズミ。

50代を生き抜くブログマガジン

【ゲーム】来年発売予定のペルソナ5に向けてペルソナシリーズをおさらいしよう。

   

アトラスの女神転生から派生したペルソナシリーズ。発売日が伸び来年夏発売予定となったペルソナ5のディザーサイトを見るとワクワクが止まらない。パララックスを使用したシャレオツサイトだ。

ペルソナ5公式サイト
〈AD〉

P5

 

新・女神転生シリーズは兄弟がやっていたのを見ていた。そしてペルソナが出る頃にはすでにゲーム業界におり、周りが沸き立っていたのを覚えている。自分自身はプレイしておらず、あまり知識がないので、ここで振り返ってみたいと思う。

まずは女神転生について。

原作は1986年に発売された小説「デジタルデビルストーリー」。メディアミックス戦略で小説からアニメ、続けてパソコンゲーム「デジタル・デビル物語 女神転生」が発売された。その後ナムコよりファミコン用RPGとして発売。そして1992年にアトラスより発売されたのが実質シリーズ第三作目となる「新・女神転生」だ。私が知っているのはこの作品から。独特な雰囲気のイラストがかっこ良かった。女神転生シリーズはⅣまで発売され、真・女神転生IV FINAL(3DS) が2016年2月10日発売予定とされている。

そして外伝としての「ラストバイブルシリーズ」、他に「魔神転生シリーズ」「デビルサマナーシリーズ」、「新・女神転生デビルチルドレンシリーズ」「DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナーシリーズ」「デビルサバイバーシリーズ」、そしてペルソナと多くのシリーズが生まれている。

女神異聞録ペルソナ(1996年アトラス/プレイステーション)

ペルソナ1とされているのは1996年に発売された「女神異聞録ペルソナ」(PS)

persona

No.001 女神異聞録ペルソナ実況プレイ【初見】

女神異聞録ペルソナの実況動画シリーズ。ドットとまだまだのっぺりとした3Dが混在するダークな雰囲気が懐かしい。

やっぱりゲームはドットだよなあ。

2009年にリメイク版「Persona」がPSPで発売、そのままではなく音楽、SEの差替、カットがあるようだ。外伝として3DダンジョンRPG「女神異聞録ペルソナ 異空の塔編」が携帯電話用コンテンツとしてダウンロード用販売されている。

ペルソナ2 罪(1999年) ペルソナ2 罰(2000年アトラス/プレイステーション)

(リンク先は音がでますのでご注意ください)

ペルソナ2は2部作として発売。ペルソナ2 罪は女神異聞録ペルソナの3年後から始まっている続編。この作品から現在のペルソナのキャラクターを手掛ける副島成記氏がサブキャラクターデザインを担当している。(CGではペルソナ1作目から参加)

「ペルソナ2 罰」は罪の子どもたちが大人になったエンディング後の完結編と、後日談となる。

No.001 ペルソナ2罪 実況プレイ 【初見】

No.001 ペルソナ2罰 実況プレイ 【初見】

ペルソナ3(2006年アトラス/プレイステーション2)

学園都市を舞台としたRPG。前作までのキャラクターがペルソナ能力に目覚めなかったアナザースト−リーとなっている。世界観の設定は引き継いでいるものの、シリーズを初めてプレイするユーザーにも楽しめるよう作られている。製作を新・女神転生Ⅲのチームが担当しており、ペルソナの成長に加え合体やスキルチェンジなどが盛り込まれている。戦闘システムや全書など、新・女神転生Ⅲで好評だったファクターも取り入れられた。また、新たに日付の概念が取り入れられ、学生のタイムスケジュールによって活動時間が決められる。

キャラクターデザインは副島成記氏。ポップなグラフィックと音楽で斬新且つハイセンスな現在のペルソナのイメージを決定づけた。

2007年に「ペルソナ3 フェス」(PS2)が発売。本編シナリオはユーザーの要望を含む数々の追加改良がされており、ペルソナ3のエンディング後のシナリオが新たに追加されている。ペルソナ3のデータも一部継承できる。

2008年にはテレビアニメ『ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜』2013年からは原作のストーリーを忠実に再現したアニメ映画版が随時公開。

【Punk Porks】ペルソナ3フェス 実況プレイ part1

ペルソナ4(2008年アトラス/プレイステーション2)

ペルソナ3のストーリーから2年後、2011年の日本を舞台に描くものの、前作をプレイしていないユーザーにも支障のない完結したストーリー展開となっている。RPG異世界バトルに加え、ミステリー要素や青春ストーリーも盛り込まれ、新たな展開となっている。システムとしては天候の概念が追加された。

現代日本が舞台というだけあって、フィクション色を抑えたイメージ。唆られる。

副島成記氏は本作ではアートディレクターとなっている。

2012年にVitaで「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」が発売されている。ゲームバランスの調整、改良と、新たにイベントやキャラなどが追加、ネットワーク機能を使ったサービスも展開された。

これもメディアミックス展開され、2011年にはテレビアニメ、2012年には舞台版の公演(VISUALIVE「ペルソナ4」)、他にも対戦型格闘ゲーム(ペルソナ4ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ)やクロスオーバーRPG(ペルソナQシャドウ オブ ザ ラビリンス)、音楽ゲーム(ペルソナ4ダンシング・オールナイト)も発売された。

なんでもありだな。

【真実の影】ペルソナ4 実況プレイ part1

[実況]ペルソナ4 ジ・アルティメットinマヨナカアリーナ Part1[mami-i]

【ペルソナQ実況#1】ペルソナQシャドウオブザラビリンスを初見実況プレイ!OPから戦闘まで!

♯1【VITA】ペルソナ4 ダンシングオールナイト 実況【まさかの音ゲー!?ペルソナ大好きおじさんがプレイ!】(ダンス部分)

 

そして…ペルソナ5。発売がのびてのびて来年の夏ですが、ほんとーに!楽しみです。

〈AD〉



 - ログ