ウワズミ。

50代を生き抜くブログマガジン

【赤坂】お嬢様達が集うプライベートサロン「シェシカ」の踊らない仮面舞踏会に行ってきた!←実は舞踏会ではなかった…!

      2016/02/02

赤坂にある超高層ビルに、紅茶を嗜むお嬢様のためのプライベートサロンがあります。普段は紅茶やハーブの教室が開かれているらしいのですが、そこで「仮面舞踏会」をテーマにしたパーティが行われているとのこと。なんとも興味をそそられて行ってきました。

講師はなんと全員元「執事」だという噂。その名は「シェシカ」。

マンションにつくと、一組づつ時間を掛けて中に誘う執事風の男性。そこだけでもちょっといままでにない感じがして期待が高まります。仮面舞踏会というだけあって、みんな仮面をつけていて、顔立ちは良くみえません。

誘われて中に入ると、小ぶりのシャンデリアのかかる天井の高い部屋。大きなテーブルにコーディネートされたスイーツやお料理が並んでいます。

お料理大食いの私にはその量に一瞬不安を感じますが…。

一組づつ、仮面舞踏会の準備に呼ばれる。至近距離で仮面をつけてもらい、髪を整えてくれたり、似合うと褒めてくれます。褒めてくれるなんていい人だなあと気分良く終わってからこれもサービスの一部なのかと気がついたけどちょっと遅かった。見えない視界に根を上げてすぐに仮面を取ってしまい、すべてをぶち壊しにしてしまう。うわあ…。サービス受け慣れてないって怖い。

手作りの仮面講師手づくりの仮面。一つ一つデザインが違い、とても可愛い。

全員の準備が整い、パーティが始まる。講師たちもいつもと違う名前を自ら名乗り、自分たちも名前と設定を聞かれます。名はアイリーン、職業は市長(シムシティーw)で実はスパイと口を滑らした体でと偉そうに伝えましたが、その名前では呼んでいただけず。あら、恥ずかしい。紅茶なのでイギリス、ならばとアイリーンにしたんだけど、ニッチ過ぎたわ。エリザベスとかにするべきだった?

アイリーンアイリーン・アドラーはシャーロック・ホームズが唯一気にかける女性です。

まずは紅茶のサーブ。本日の紅茶は「ジャワティー」。一世風靡したボトル飲料にも使われたインドネシア産の紅茶。少し香ばしい、番茶のような香り。苦味が少なく、お食事にも合うお茶ですね。甘いものにはちょっと物足りないかな。

紅茶ティーカップはこだわりのリンドナーのローズゴールドスキャッタード。

料理は講師達がサーブしてくれます。仕方もとても美しい。

お茶もなくなるとすぐに注いでくれ、気が効く感じが好印象。ちなみに、ケーキはキハチのもの、お料理は外部のシェフが作ったものを買ってきてお皿に並べたものだそう。ドレッシングが美味しかったのですが、褒めどころを見失い、ちょっと目線が泳いだかもしれません。ブドウも皮ごと食べられる品種をチョイスしてあり、気遣いが感じられた。

ゲームの時間が始まる。ミッションはクロスワードパズル。シェシカにちなんだ問題が並んでいて、初心者には難しい!それでもなんとか3位に食い込んだ。(頑張ったよ!)選外だったので参加賞として質の良いダージリンのティーバックをゲット。紅茶嬉しい。

シェイカーを振ってオリジナルのカクテルを作ってくれたり、何かと話しかけてくれ、退屈することはなく2時間半はあっという間に過ぎてしまいました。

最後は今後の教室とパーティの予定の説明、そして一組づつ身支度をし、お見送り。

おみやげシェシカの記事が乗っているという、「美・プレミアム」を何故かジノリの袋に入れてくれた。

気が利く男の子達は、最後に仮面を取り、顔を見せてくれた。みなさん驚くほどハンサムさんなのだ。

あとでwebを確認したら、この日のテーマは

『フランス建国記念

王侯貴族に扮して妖しく優雅な茶会を愉しむ「 幻惑の仮面カーニバル 」』

仮面舞踏会ではございませんでした。しかもフランスがテーマじゃん…。

最後に。仮面は目の部分だけでもとっても暑い!!!!!

 

ソロ度:2

ソロ心地:講師が度々話相手をしてくれるので問題はなし。(ただし観察時間も楽しめる人向き)

ソロ度/一人客がいるかどうか ソロ心地/一人で入った際の居心地

【ショップ】

紅茶教室「private salon chez sica プライベートサロン シェシカ」

 

時間:日による

他:完全予約制




 - ご飯。